導入申込みへ

宿泊業のみなさまへ

QRコードはこれ1枚でOK!宿泊業の
キャッシュレス決済はJPQR!

初期導入費・維持費は0円!
JPQRを導入しませんか?

総務省・経済産業省が推進する統一規格の「JPQR」は、ひとつのQRコードで多くの決済サービスに対応できるキャッシュレス手段。旅館やホテルなどでもかんたんに導入・利用できるほか、新しい生活様式における感染症対策にも有効です。

※別途決済手数料・入金手数料が発生します。 *申込みにより店舗提示型(静的)のサービス利用が可能となります。 *JPQRの代理店や決済サービスを装う電話やメールにご注意ください。JPQRのお申込みはお電話等では受付けておりません。必ず公式サイト「JPQR Web受付システム」からご申請ください。

さまざまな業種における
会計・お支払いの課題をJPQRが解決!

JPQRは現在、さまざまな業種の店舗に導入され、
会計・お支払いに関するお悩みや課題の解決に貢献しています。

  • 衛生面を考慮した非接触での支払い対応
  • 電源不要でコンパクト省スペースでの運用
  • キャッシュレス決済に不慣れなスタッフも対応可能
  • 釣銭準備・会計対応等ホテル・旅館側のコスト減
  • 幅広い支払いニーズに対応し取りこぼし防止

宿泊業の会計・お支払い、
JPQRはこんなシーンで役立ちます!

非接触で衛生的に、
かつスムーズに決済したい

JPQRなら

  • コロナ対策で推奨される非接触での支払い
  • お釣りのやり取りが不要
  • お客さまの画面確認のみで完結

宿泊業ならではの利点

  • 会計時間を短縮できて、お客さまをお待たせしない
  • 釣銭準備・終業後の締め処理などの業務負荷軽減
  • 感染症対策でお客さまに安心感を与えられる

1枚のQRコードで
複数の決済事業者を扱いたい

JPQRなら

  • 国内外の大手QRコード決済導入でインバウンド対策
  • 申込みからステッカー切替手続きまでWebにて一括完結

宿泊業ならではの利点

  • 複数社のキャンペーン活用が可能となり集客アップに貢献*
  • 契約済みの決済サービスをまとめることができ、決済に不慣れなスタッフでも簡単に決済ができてオペレーション負担軽減

※LINE Payの新規申込受付は停止しておりますが、導入済みの店舗さまでは、LINE Payの決済は引き続きご利用いただけます。

*キャンペーンの詳細や対象については各決済事業者にご確認ください。

導入コスト・維持コストを
できるだけ少なくしたい

JPQRなら

  • 初期費用・固定費ゼロ
  • 利用・振込手数料はお客さまのご利用分に応じてのみ発生

宿泊業ならではの利点

  • 決済手数料が無料キャンペーンから3%前後と低く、利益の圧迫を最小限に抑えられる
  • 海外の決済サービスにも対応しているため、今後のインバウンド対策の準備ができる

レジ周りが広くないので
省スペースで運用したい

JPQRなら

  • 電源・通信設備不要
  • ホテル・旅館側のPC/スマホがあればOK
  • ステッカー1枚で解決

宿泊業ならではの利点

  • 紙ステッカーのためどこにでも設置でき、コンパクトに運用可能
  • 屋外のテイクアウトやイベント対応など、持ち運びもできて便利

ホテル導入事例

ホテル龍名館東京


ポイント

  • 非接触の決済方法で、お客様やスタッフに安心感を与えられる!
  • お釣りのお渡し忘れや計算ミスがなくなる!
  • フロントスタッフの作業オペレーションも簡単!
詳しくはこちら

くわしい資料はこちらから

今すぐJPQRに申し込みたい方はこちら

導入のお申込みは
Web受付システム(PLUG)から

導入申込みへ 申込みの流れ・必要書類などの確認はこちら

よくある質問

JPQRとは何ですか?

一般社団法人キャッシュレス推進協議会により策定された、国内の決済サービス(○○Pay)が個別に発行していた「QRコード/バーコード」の規格を統一化して、ひとつのQRコード/バーコードである「JPQR」にまとめる取り組みです。
動画もご参照ください。
くわしくは、一般社団法人キャッシュレス推進協議会Webサイトをご覧ください。
総務省 統一QR「JPQR」普及事業は、そのJPQRの全国普及をサポートする取り組みです。

JPQRの導入検討に向けて、まとまった資料はありますか?

以下をご参照ください。

ご理解や周知配布にご利用ください。

JPQRの決済方法は何ですか?

本事業の申込みは、MPM(店舗提示型)と言われる、顧客が店舗のQRコードを読み取る方法のみを対象としています。
MPM(店舗提示型)の利用イメージは、こちらの動画をご覧ください。
CPM(利用者提示型コード決済)方式をご希望の場合には、キャッシュレス推進協議会のJPQR専用窓口メールアドレスへお問い合わせください。
メールアドレス:jpqr@paymentsjapan.or.jp

QRコード決済サービスの追加について、決済サービス名や追加時期など知ることはできますか?

今後の決済事業者の追加については、決定しだい本事業Webサイトで随時発表いたします。 現時点の一覧はこちらをご覧ください。
また最新の手数料情報はJPQR Web受付システムからご確認いただけます。

請求書払いやオンライン販売にJPQRは使えますか?

本事業の申込みは、対面販売のQRコード決済のみを対象としており、請求書払いや非対面決済の申請には対応していません。

すでにQRコード決済は導入していますが、JPQR導入のメリットは何ですか?

「JPQR」ステッカー1枚で複数の決済サービスでの決済が可能となることで、複数のQRコードステッカー掲示やタブレット等端末によるQRコード表示等の運用が不要となり、決済に係る手続きの簡素化に繋がります。

年会費や初期手数料はかかりますか?

年会費や初期費用は不要です。
※但し別途決済手数料・入金手数料が発生します。

加盟店手数料率、入金手数料はどの程度になりますか?

決済サービスにより異なります。お申込みの際に、JPQR Web受付画面上にて各社手数料率等の最新情報をご確認いただけます。
現時点の決済手数料率はこちらでもご確認いただけます。

すでにQRコード決済サービスを導入していますが、決済手数料や売上管理はどのように適用されますか?

JPQRで導入された決済サービスに関しては、JPQR Web受付システムに記載の手数料ではなく、既存契約の手数料が原則優先され、売上管理も統合されます。
ただし、以下の場合は扱いが異なりますのでご注意ください。より詳細な情報は各決済サービスのご契約先にお問い合わせください。
●PayPayに関するご注意:
・JPQR QRコードで決済した場合とPayPay専用のQRコードで決済した場合では、決済システム利用料に違いがございます。JPQRを読み取った場合はWeb受付システムに掲載の手数料となります。PayPay専用のQRコードを利用した場合の手数料は、PayPayのWebサイトをご確認ください。
●au PAYに関するご注意:
・手数料条件等は既存契約が適用されますが、au PAY売上管理画面IDは新規発行されるため既存と異なりますのでご注意ください。審査結果が到着したタイミングでau PAYより送付される、JPQR用の新しいID・PWをご利用ください。
●メルペイに関するご注意:
・メルペイ単独契約(d払い併用)とJPQR経由のメルペイは併用ができず、既存加盟店はいずれかひとつの契約を選択する必要があります。

一部の国内QRコード決済サービスを導入すると同時に海外Payも使えるようになりますか?

いいえ、JPQRは各決済事業者との直接契約を前提としているため、自動的に海外決済サービスを使える契約にはなりません。JPQRで海外決済サービスを利用したい場合には、JPQRWeb受付システム画面上で申請ください(申請可能な海外決済サービスの最新情報は、申請画面上で確認できます)。

すでにJPQR参加予定事業者のQRコード決済サービスを導入済みですが、JPQRを導入可能ですか? ※決済代行事業者(AirPAY等)経由ではない直接契約の場合

既存加盟店の場合にも、JPQRにまとめることが可能です。各決済サービスの決済手数料率等が異なる場合がありますので、詳細な経済条件はお申込みいただくJPQRWeb受付画面上で確認ください。
決済代行事業者(AirPAY等)経由でご契約済みの場合には、JPQRとして新規契約の扱いとなりますので、JPQR Web受付システムでは「新規申込」よりお申込みください。読み取るQRステッカーにより、AirPAY等を経由した決済とJPQRを経由した決済では決済手数料率等が異なりますのでご注意ください。詳細は既存契約先にお問い合わせください。
(当該サービスや各サービスのQRはJPQRと併用可能です)

申込方法は?

JPQR導入手順にてご紹介しております。詳細は、JPQR Web受付システム操作ガイドをご確認ください。

<初めてJPQRに申請される店舗さま>
2020年6月22日に開設された、JPQR Web受付システムより新規申込みをお願いいたします。

<2020年6月22日以前にJPQRを導入済みの店舗さま>
2020年7月初旬に発送されたID・Pass通知ハガキをご確認いただき、JPQR Web受付システムにログインください。アカウント新規登録は不要です。また、過去にJPQRを導入いただいた際の登録情報をそのまま利用できるため、スムーズに決済サービスの追加申請が可能です。
※ログインができない場合はコールセンターまでお問い合わせください

説明会に参加したい

定期的に店舗様向けJPQRオンライン説明会を開催しています。参加は事前申込みが必要です。詳細はオンライン説明会のご案内をご確認ください。

自治体がJPQRを導入する場合の、申込方法は?

自治体様ページに記載しておりますのでご確認ください。
また、定期的に自治体様向けJPQR導入オンライン説明会も開催しております。最新情報は上記ページにてご案内させていただく予定です。

申込期限はいつまでですか?

申込期限はありません。

申込時に必要な書類はありますか?

例として、以下書類がお申込みに必要となります。詳細は、お申込みの際にWeb申込画面上で最新情報をご確認ください。
お持ちの端末(スマートフォンやタブレット)等のカメラで撮影のうえ、画像データをWeb受付システムの証憑追加欄にアップロードいただくことを予定しています。

  • (例)
  • 許認可写し(※許認可写しのある業種の方のみ)
  • 本人確認書類(運転免許証(表裏両面)、または 日本国発行パスポート(顔写真付きページ+住所記載欄))(※個人事業主の方のみ)
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書。発行日より3ヶ月以内)(※法人の方のみ)
  • 事業内容が確認できるホームページをお持ちでない方は、事業内容がわかる資料(各行政機関発行の許認可証、会社案内、パンフレット、チラシなど)
  • 店舗内観・外観の写真
JPQRを利用するための条件はありますか?

スマートフォン、タブレット、パソコンなどのいずれかのインターネットに接続できる端末と有効なメールアドレスがあれば、JPQRをご利用いただけます。

無人販売やネット販売用にJPQRを利用することは可能でしょうか?

現時点で対面決済のみが対象です。

QRコード決済サービスをすでに導入しており、JPQRにも対応していると知りました。JPQRはこのまま使えますか?

JPQRのお申込みが必要です。JPQR Web受付システムにログインいただき、「新規申込」より「当該サービスの既存契約あり」として、ご申請ください。既存契約との紐づけを行いますので、Web受付システムより審査完了の通知メールを受領次第、お届けするJPQRスタートキットをご活用いただくことで、店頭でご利用可能となります。

審査結果通達までどれくらいの時間がかかりますか?

審査期間は一般的に3~4週間程度ですが、申請いただく決済サービスや申請者の業種・属性等により期間は異なります。
また、申請サービスのうち1つでも審査に通過した場合に一般社団法人キャッシュレス推進協議会よりスタートキットを発送します。お申込みからスタートキットの発送までは通常1.5ヵ月~2ヵ月程度を予定しています。

JPQR Web受付システムでは何ができますか?

JPQR Web受付システムでは、「新規申込」「決済サービス追加」「店舗追加」「審査状況照会」の機能があり、各社最新のJPQR決済手数料・入金サイクル情報や、各社のJPQR問い合わせ窓口、JPQR売上管理画面へのリンクなどがご利用いただけます。
詳細な利用方法は操作マニュアルをご参照ください。

Web申込完了後に、入力内容の修正はできますか?

一度申請された内容は、各社審査が開始しているため途中の情報修正はできません。各決済サービスより不備連絡があった際にJPQRWeb受付システムよりご修正いただくか、ご申請された各決済サービス窓口、またはコールセンターに問い合わせください。

JPQR Web受付システムで、契約後に契約内容変更はできますか?

JPQR Web受付システム上では契約内容変更(審査通過した後の修正)はできません。
契約内容のご変更は、ご契約された各決済サービス窓口、またはコールセンターに問い合わせください。
※店舗追加・決済サービス追加はTOPメニューから可能です。

JPQRをすでに導入していますが、Web受付システムには新規登録が必要ですか?

新規登録は不要です。2020年7月初旬に発送されたID・Pass通知ハガキをご確認いただき、ログインいただくことで、過去にJPQRを導入いただいた際の登録情報がそのままご利用いただけます。

JPQRをすでに導入していますが、Web受付システムはどのように使えますか?

JPQR対応の決済サービスが随時追加されていますので「決済サービス追加」よりご希望の決済サービスを追加申込みする、「店舗追加」で新たに店舗を追加申込みする、などが可能です。最新の手数料情報や、売上管理画面へのリンクもありますので、ご活用ください。

特定のQRコード決済サービスをすでに導入していますが、誤ってそのサービスにJPQRで新規申込みをしてしまいました。どうなりますか?

各決済事業者が確認・審査を行うため、申込情報が一致すれば原則契約は一本化されます。ただし、場合によっては審査不備となる可能性もあるため、ご申請された各決済サービス窓口、またはコールセンターに問い合わせの上、メールやJPQR Web受付画面の審査経過確認をお願いいたします。

特定のQRコード決済サービスについて既存の契約はないのですが、誤ってJPQRで「既存契約あり」で申込みをしてしまいました。どうなりますか?

各決済事業者が確認・審査を行うため、原則新規契約として扱われます。Web受付システムから審査通過通知が届けば問題なくJPQR利用可能となります。ただし、場合によっては審査不備となる可能性もあるため、ご申請された各決済サービス窓口、またはコールセンターに問い合わせの上、メールやJPQR Web受付画面の審査経過確認をお願いいたします。

仮登録メールのURLがエラーになり、登録できません。

仮登録メールに記載の「https://….」から「=」までURLを全てコピーし、ブラウザのアドレス入力部分にペーストしてアクセスをお試しください。
上記対応でもエラーが起きる場合、端末のセキュリティ設定でURLアクセスに制限がかかっていないかご確認ください。

JPQR Web受付システムのID・Passを忘れてしまいました。

JPQR Web受付システムでは、パスワードの再発行が可能です。手続きに問題がある場合には、JPQR普及事業コールセンター(0120-206-100、受付時間:平日9:00〜18:00)までお電話ください。

証憑登録の画面で、写真を複数選択できません。

参照を押しファイルが表示された後、Ctrlキーを押しながら選択すると、複数選択可能となります。

申込んだところ、「申込不備のお知らせ」メールがありました。どう修正すればよいですか?

JPQR Web受付システムにログインし、「審査状況照会」画面の審査ステータス欄にある「審査差戻」箇所をクリックし、メール記載の不備内容に従い情報修正や証憑再アップロードを行ってください。各決済サービスごとに「審査差戻」をクリックし、修正ください。
※不備修正時は、本メールを確認しながら申込情報を修正ください。
※ご不明点の確認や申込取下げのご依頼等は、ご申請された各決済サービス窓口、またはコールセンターに問い合わせください。

初期設定の方法は?また、JPQR売上管理画面はどのようなものですか?

初期設定および売上管理画面について、こちらの動画で分かりやすくご説明しております。
また、JPQR売上管理画面詳細に関しては、店舗スタートキットに同封されている、売上一括管理画面のURLにアクセスし、操作マニュアルをご覧ください。

JPQR売上管理画面初期設定の主な流れは以下です。
⓪各決済事業者の初期設定
マニュアルに記載のURLに移動
②マネーフォワードIDを作成
③ログイン
④各決済事業者の連携→管理画面上部の「事業者管理」タブ内の「新規登録」タブより、各社新規登録を実施してください。各決済事業者のID・PWを入力し、登録を押すと初期設定完了です。

どのように売上状況を確認すればよいですか?

各QRコード決済サービスの管理画面から各QRコード決済サービスごとの売上確認/返金手続き等が可能です。また、JPQR売上管理画面も一部決済サービスでご利用いただけます(https://jpqr.moneyforward.com/)。

売上はどの程度の頻度で入金されますか?

決済サービスにより異なりますが、最短翌銀行営業日、最長でも月1回程度の頻度で入金されます。
※各決済事業者で1回の入金にあたる下限金額などが存在する場合もございますのでご注意ください。

キャンペーン適用や利用上の不明点があります。

直接、決済サービスにお問い合わせください。

スタートキットはどのようなものですか?

以下の内容物を1店舗ごとに封筒に入れ、複数店舗分をまとめて箱に入れてお送りいたします。
①送付物のご説明 ②一体型帳票 ③台紙ステッカーシート
④POP台紙 ⑤各サービスのスターターキット
⑥JPQR売上管理画面利用マニュアル ⑦JPQR×マイナポイントステッカー

スタートキットの配送状況について知りたい。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会より定期的にお送りしており、システム送付のためJPQR普及事業コールセンターでの個別発送状況の確認は難しい状況です。
詳細については、JPQRお申込みの際の「Web受付番号」とともに、一般社団法人キャッシュレス推進協議会のJPQR専用窓口メールアドレスまでお問い合わせください。
メールアドレス:jpqr@paymentsjapan.or.jp

スタートキットが複数回届いた。

JPQRのキット配送は申込みタイミングに応じて複数回の発送の可能性があります。
また、各決済サービスから別途お送りするキットもございます。
JPQRから届くキットについては常に最新のQRを設置していただきますようお願いします。

JPQRステッカーを紛失/汚損したため、再発行したい。

JPQRのQRコード再発行については、一般社団法人キャッシュレス推進協議会の再発行依頼専用フォームよりご依頼ください。

マイナポイントとは何ですか?

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)を通じて付与します。
付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(ひとつ)を選択(マイナポイントの申込み)すると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)時に買い物等に利用できるポイント等が付与されます。
マイナポイントは、これら決済事業者が付与するポイント等の総称です。

事業者にとってのマイナポイントのメリットは何ですか?

2020年9月から2021年12月末までの期間、キャッシュレスでチャージまたはお買い物をすると、マイナポイント25%(上限5,000円分)を付与することとされています。
事業者は、マイナポイント対応のキャッシュレス決済サービスを導入することで、集客効果アップのメリットがあります。
※マイナポイントの付与は2021年3月末までにマイナンバーカードをお申込みした方が対象となります。
※その他ポイントの利用環境や使途、有効期限等、具体的な内容はマイナポイント事務局(https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/promotion/faq/)へお問合せください。

JPQRとマイナポイントはどのような関係があるのですか。

マイナポイントはキャッシュレス決済サービスでご利用いただけるポイントになりますので、お客さまがJPQR対応サービスでお支払いする際にご利用いただけます。
JPQRの参加決済事業者の多くはマイナポイントに対応しております。

JPQR普及事業コールセンター窓口

0120-206-100

0120-206-100

受付時間 9:00〜18:00(平日のみ)
※年末年始を除く